So-net無料ブログ作成
検索選択

まれ 第二十三週 いっぱい失敗タルトタタン [ネタバレ・感想]

ついに開業から7年の歳月が経ち、地元で

愛される店となった「プチ・ソルシエール」。



第二十三週ではいっぱい失敗タルトタタンが

題名となっています。


そんな二十三週のあらすじを書いてみました
-----------------------------------------
第二十三週のネタバレになります。
ネタバレが苦手な方はご注意下さい。
また、放送後ストーリーと異なる
事もありますので放送後に、
再編集致します。
-----------------------------------------経営も軌道に乗り安定し始めた

プチ・ソルシエール」。



圭太も五代目 紺谷弥太郎を正式に襲名し、

塗師屋の親方と活躍しています。



そんな中、まれ達は桶作家で暮らし

始めました。


その理由としては、

弥太郎(本名かおる)が引退を機に

再婚下からです。


その再婚相手は、かなえちゃん

ではありません。



かなえちゃんのお母さんと

再婚しました。


二人の新婚生活を邪魔しない

という配慮から、まれ達は

桶作家に転居したのでした。



喜ぶ元治さん。



桶作家は賑やかになり、

総勢10名の大家族として

暮らしていきます。



そして双子の匠と歩実は6歳になり、

小学生になっていました。



歩実は常に率先してやりたがるのですが

匠は、どちらかというと控えめな

性格のようです。



そんな中「プチ・ソルシエール」では

盛況です。



まれは一徹にケーキの写真をブログに

載せてもらっていました。


まれは圭太からもう少し時間を伸ばして

いいと言われているようです。


その理由は、千葉から脱サラした田中さん

が入ってきたため、少し時間が割けれる

ようになったからでした。




それだったらバイト雇えば?と一徹は

まれに言います。



洗い物や接客をやってもらって、

その分ケーキに専念出来るのでは

との事でした。



まれはあれも作りたい、これも作りたいと

やりたい事が浮かび、真剣にアルバイト

検討するのでした。



そんな中、まれと圭太は
歩実と匠に将来何になりたいのか聞いてみました。


すると歩実は沢山夢を持っているのですが

匠は圭太とまれが訪ねても何も

応えてくれません。



職人になりたいとも言わす、ショックを

受ける圭太。



そんな匠にまれは少し心配でした。



そして、一徹と以前話をしていた

「プチ・ソルシエール」のバイトについて

募集を開始しました。



募集の張り紙を見て早速やって来たのが


店に頻繁に通って来ていた沙耶でした。



しかし、沙耶はアルバイトでは無く

まれの元でパティシエの修業をしたいと

言います。



しかし、まれは自分もまだ修業の身なので

雇えないと断りました。




沙耶も諦めません。



翌日もまれの店に姿を表わすのでした。



その頃、圭太は匠と歩実に漆塗りを教えて

います。



すぐに飽きてしまう歩実ですが、匠は真剣に

黙々と作業を続けています。



そんな姿を見た圭太は、匠に漆職人に

ならないかと勧めるのでした。




ある時、まれは匠と歩実に

「世界一のパティシエ」になるのは

いつだと言われます。



返す言葉が出てこないまれ。



その子供たちの質問は、

まれの心に突き刺さるのでした。



子供たちから言われた言葉が

頭から離れませんでした。



そんな中、なんとか採用してもらった

沙耶はよく働く子でした。



そして、まれの想像よりも上達が

早いのでした。



そんなある日、一人の女声が怒鳴り

込んできます。



その女性は沙耶の母親でした。



いったい何があったのでしょうか。



ある日の事、匠が行方不明になります。



まれは町中探し回りますが、どこにも匠は

いません。



でも、歩実の様子がおかしい事に

気づきました。



歩実は匠が隠れている事を知っていました。



やっと見つかり周りはほっとしていますが、

何故隠れたのか理由をおしえてくれません。



そんな中、一徹の子・徹志が話します。


匠が隠れた理由について。



一徹の分析能力と、みのりの俯瞰して

物事を見る目を引き継いだのか

徹志は話し出しました。



その理由を聞いたまれと圭太は相当な

ショックを受けました。



二人は話し合い、匠にどうやったら夢を

持つ事が出来るのか悩みます。



まれと圭太は、慎重な匠に対し、失敗する

のが怖くて挑戦する気持が持てないのでは

ないかと結論付けました。



そんな中、匠に自信をもたせようとまれと

圭太は家族揃ってケーキ作りに挑戦する

のでした。


家族でケーキを作りに取り組む中、

圭太は思い出します。



大慌てになる圭太。



大失敗をしでかしてしまいます。


■感 想

匠も歩実も一年生になってしまったんですね

急にテンポが早くなって来たように感じます



そんな中、今週は突っ込みどころ満載です。


・弥太郎(かおる)が結婚

・まれが家族揃って、桶作家に住む。

・みのり妊娠4ヶ月

・文さん劇場(徹の事を紙芝居風にした)

・まれに弟子

・いつ世界一のパティシエになるの?


主だったところを記載しましたが、

その他にもまだまだあります。


少し盛りだくさん過ぎる週ですね。



内容てんこ盛りって感じです。


注目すべきところは、匠の失踪ですね。


なんで匠は隠れたのか。


二人はどう感じ、対処するのか。


次週楽しみですよね。

【他にもこのような記事が7読まれています】
まれ第二十二週 出産クッサンベイビー 一徹の活躍 
まれ 第二十一週 復活マルジョレーヌ
まれ ネタバレ 感想 子育ての苦労 人の優しさ


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。